「ガンでもママパパ」の開設趣旨

赤ちゃんとこうのとり

女性が豊かな人生を送るために、にんよう性(妊孕性)について考えることは大切なことです。また、ご夫婦にとっても大切なことです。

ところが、にんよう性(妊孕性)の低下について理解が不十分なまま、病気の治療を受け、将来妊娠することをあきらめざるを得ない女性がたくさんいらっしゃるというお話を耳にします。

抗がん剤療法、放射線療法は、がん細胞のみならず正常細胞にまで影響を及ぼすため、卵巣機能不全をはじめとする副作用も多く、にんよう性(妊孕性)が失われるとする報告があります。

特に骨髄移植例では、ほとんどは卵巣機能不全になることが報告されています。

男性に関しても、抗がん剤の使用と乏精子症あるいは無精子症との関連を示すデータが報告されており、にんよう性(妊孕性)に影響を及ぼしていることが知られています。

「ガンでもママパパ」は、生殖補助医療(不妊治療)専門医療機関である京野アートクリニックが運営しています。

乳がんや子宮がん、白血病等、悪性腫瘍疾患を患った患者さんのにんよう性(妊孕性)を温存するために、不妊治療現場で既に実用化されている治療技術を役立てることができると考えています。

しかし、そのことは一般的にはあまり知られていないようです。

赤ちゃんとママ

まずは、患者さんご自身に「にんようせい性(妊孕性)」という言葉そのもの、および、にんよう性(妊孕性)を温存するための治療(精子・卵子・卵巣・胚卵・胚・卵巣の凍結保存・融解移植)を知っていただくことを目的に、「ガンでもママパパ」を開設しました。

複数の選択肢があることを知った上で1つの選択肢を選ぶのと、知らずに1つの選択肢を選ばざるを得ないのでは大きな違いです。

にんよう性(妊孕性)を温存するための治療に関して、情報を発信することで、患者さんが将来後悔しない選択肢を選べるのであれば、そのお手伝いをしたいと考えています。

患者さんは目の前の治療のことで精一杯だと思います。

赤ちゃんとママパパ

まだ、小さいお子さんは、将来の妊娠のことまで考えられないかもしれません。

しかし、「ガンでもママパパ」を閲覧するほんの少しのお時間をいただければと思います。

また、にんよう性(妊孕性)温存のための精子・卵子・胚・卵巣凍結を行うためには、患者さんへのインフォームドコンセント、採卵計画の共有など、担当医の皆様との密な連携が欠かせません。

現状では、まだまだ医療機関の皆様への情報発信が不足していると感じています。本サイトをご覧頂き、ご意見などお寄せいただければと思います。

※「ガンでもママパパ」は、コンパクトに必要な情報をまとめています。
採卵や凍結保存に関する詳細をお知りになりたい場合には、「ガンでもママパパ」運営者である京野アートクリニックのホームーページも併せてご覧いただければと思います。