凍結物の凍結状態の継続

精子凍結

がん等の原疾患治療終了後、妊娠を希望する時期まで、凍結物の凍結保存を継続することができます。

ただし、凍結保存継続や融解に関して、制約条件がありますので、凍結を依頼する医療機関で確認が必要です。

※本サイト運営者である京野アートクリニックでは、凍結の保存期限は、患者様のお申し出により1年更新としています。

凍結保存期間内に夫婦が離婚した場合、妻が生殖年齢を超えた場合、一方または、二人ともに死亡あるいは行方不明になった場合には、凍結保存物を廃棄することを患者さんにご理解いただいております。