リスクと課題

①採卵におけるリスク

にんようせい温存を必要とする方の採卵かどうかにかかわらず、健康な人でも採卵に関しては、同様のリスクがあります。
しかし、通常でも赤血球、血小板の輸血を必要とする造血疾患の患者さんの採卵の場合には、出血予防のための特段の配慮が必要です。
原疾患の主治医の先生の判断を仰ぎながら、にんようせい温存のための治療の中止も含めて、慎重に対応する必要があります。

1) 卵巣刺激症候群(OHSS)の発症の可能性があること

卵巣刺激過剰症候群

卵巣が腫れてしまうOHSSは、排卵誘発剤の投与により卵胞が過剰に発育し、黄体期に卵巣腫大、腹水貯留等による多彩な病状を呈する症候群です。(発症頻度1%)
多くの場合は軽症ですが、まれに血栓症などの生命に関わる重篤な場合もあります。
OHSSが重症化する要因は明確ではないため、全ての危険性を回避することは不可能です。

2) 採卵の際に出血が起こる可能性があること

まれに採卵による卵巣・膣からの出血や腸管・膀胱などの損傷・感染症などの危険があります。

3) アレルギーや麻酔事故

健康人同様、採卵の際に使用する麻酔の副作用として、呼吸抑制や血圧低下などがあります。
重篤なものではごくまれに徐脈やアナフィラキシー様症状があげられます。

②体外受精・顕微授精におけるリスク

体外受精・顕微授精においても、採卵同様、にんようせい温存を必要とする方かどうかにかかわらず、健康な人でも採卵に関しては、同様のリスクがあります。

1) 流産・子宮外妊娠

体外受精・胚移植法により妊娠しても、流産(約20%)をしたり、子宮外妊娠(約2%)になることがあります。

2) その他

医師

  • 高度生殖医療を繰り返し受けることにより、身体への何らかの影響を及ぼす可能性は明らかではありませんが、否定できません。
  • 治療を行う・繰り返すことにより、精神的負担が生じる可能性が考えられます。
  • 体外受精・胚移植法により出産した児の長期予後については、継続的な調査が行われてこなかったため、分かっていないことがあります。
  • 卵、精子、受精卵(胚)を培養するための培養液には蛋白源を必要とします。

③凍結保存物融解に関するリスク

1) 全ての卵子・胚が凍結保存に耐えられるとは限らない。

2) 凍結保存物を用いた治療により出産した児の長期予後については、継続的な調査が行われてこなかったため、分かっていないことがあります。

④卵巣切片移植の課題

1) 長期にわたる卵巣機能の維持

長期にわたって、卵巣機能を維持することは困難です。
原因としては、原始卵胞が死滅するためといわれています。
移植後、卵巣機能の低下あるいは消失した場合には、再移植が行われます。

再移植して卵巣機能を長期間保つことを考慮し、より多くの卵巣組織を凍結保存するため、また、将来の移植を行うための髄質を残すため、片方の卵巣の一部ではなく、両側の卵巣の1/3~1/2を摘出することを推奨しています。

2) 治療実施施設が少ない

医師

現状、卵巣切片移植に関しては、一般的に普及した治療方法とはいえません。
日本国内では卵巣切片の凍結保存がスタートした段階といえます。
凍結保存した卵巣切片を体内に移植した事例は、まだほとんどありません。

海外においては、自分の卵巣切片を自身に移植することによる出産例が12例あります。